味の素の人材開発「個人と会社の共成長」

社員の成長と会社の成長は相関関係

個人と会社の共成長

人財開発グループへのインタビュー記事が興味深かったので紹介させていただきます。
(詳細はリンクよりご一読下さい)

味の素は国内・国外をカバーする人財管理基盤として、SAPのクラウド人事システム「SAP SuccessFactors」を導入し、2021年7月より稼働を開始している。「個人と会社の共成長」を目標に掲げている味の素だが、どのような課題を解決するために同システムを活用しているのか。

BIGLOBEニュース

他人のキャリアを自身のキャリア形成の材料にする

注目したのは「他人のキャリアを自身のキャリア形成の材料に」という一文です。

「自身の情報を開示し、他人のキャリアを自身のキャリア形成の材料にする。尊敬している上司のキャリアを確認したり、興味のある部署で働いている人材の一覧を見たりして、自分の成長につなげることができる」と、「SuccessFactors」導入のメリットを説明した。

BIGLOBEニュース

まさに【人材開発NET】が提唱する、個々の経験、スキル、ノウハウを棚卸し全社の共有資産として、内製化研修で浸透させるメソッドとシンクロしています。手法は違いますがゴールは同じです。

人材開発のニューノーマルは、個々のキャリア、スキルを全社で有効活用する方向になると考えます。

ネーミングは制度成功のカギ

また、上司部下間だけでなく、若手が斜め上の先輩にメンターになってもらう「ナナメンター」という制度にも力を入れているそうです。

目的も大切ですが推進するうえでネーミングも重要です。その意味では「ナナメンター」はなかなか面白いと思いました。新しい施策は得てして意味が伝わらないもので、カタカナ英語の名称が浸透の妨げになることもあります。

新しい制度や施策はネーミングがハマれば原動力になります。

関連記事

森川あやこ
Officeアイム 代表

職場内をスムーズにする
チームワークとコミュニケーション

山本衣奈子
伝わる表現アドバイザー

“伝える”から“伝わる”へ 
ココロを動かすコミュニケーション

小林 未千 
和未コンサルティング代表取締役

女性活躍推進のロールモデル
女性がイキイキと輝く社会

井上千椿 
広報コンサルタント

プレスリリース戦略
どうしたら取材されますか?

丸山法子
リエゾン地域福祉研究所 代表理事

ワーキングケアラー
~企業に期待される新たな役割

家門 理恵 
IT推進アドバイザー

「チームExcel」生産性を高める

中嶌 ゆみ  
国家資格キャリアコンサルタント

ファミリーキャリア
私と家族の幸せな人生設計をする

二木奈緒 
Outlook時間管理コンサルタント

パズル式時間管理術
Outlookでタスクを見える化!

ロングセラー研修

ページ上部へ戻る