味の素の人材開発「個人と会社の共成長」

個人と会社の共成長

人財開発グループへのインタビュー記事が興味深かったので紹介させていただきます。
(詳細はリンクよりご一読下さい)

味の素は国内・国外をカバーする人財管理基盤として、SAPのクラウド人事システム「SAP SuccessFactors」を導入し、2021年7月より稼働を開始している。「個人と会社の共成長」を目標に掲げている味の素だが、どのような課題を解決するために同システムを活用しているのか。

BIGLOBEニュース

他人のキャリアを自身のキャリア形成の材料にする

注目したのは「他人のキャリアを自身のキャリア形成の材料に」という一文です。

「自身の情報を開示し、他人のキャリアを自身のキャリア形成の材料にする。尊敬している上司のキャリアを確認したり、興味のある部署で働いている人材の一覧を見たりして、自分の成長につなげることができる」と、「SuccessFactors」導入のメリットを説明した。

BIGLOBEニュース

まさに【人材開発NET】が提唱する、個々の経験、スキル、ノウハウを棚卸し全社の共有資産として、内製化研修で浸透させるメソッドとシンクロしています。手法は違いますがゴールは同じです。

人材開発のニューノーマルは、個々のキャリア、スキルを全社で有効活用する方向になると考えます。

ネーミングは制度成功のカギ

また、上司部下間だけでなく、若手が斜め上の先輩にメンターになってもらう「ナナメンター」という制度にも力を入れているそうです。

目的も大切ですが推進するうえでネーミングも重要です。その意味では「ナナメンター」はなかなか面白いと思いました。新しい施策は得てして意味が伝わらないもので、カタカナ英語の名称が浸透の妨げになることもあります。

新しい制度や施策はネーミングがハマれば原動力になります。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 12月は「職場のハラスメント撲滅月間」 

    厚生労働省では、12月を「職場のハラスメント撲滅月間」と定め、ハラスメントのない職場環境をつくりの…
  2. 営業部門 人材開発内製化の簡易フロー

    人材開発内製化フローの概要 【人材開発NET】がお手伝いする際のフロー概要をご紹介します。プ…
  3. 【人材開発NET】の提供価値

    【人材開発NET】 が提供する価値 【人材開発NET】は組織の成長の鍵である人材の能力開発に…

ページ上部へ戻る