カテゴリー:研修設計

  • マインドを揺さぶる研修設計フレーム

    受講者にわかりやすく伝えるためには工夫が必要です。ベーシックなフレームはロジカルに整理できますが、マインドを刺激するにはもう一工夫必要です。 GKC 研修プログラムを構築する際は「目指していること」「その…
  • いかにモチベーションを高めるか

    社員のモチベーションをあげてほしい 長年、研修企画の仕事に携わってっきましたが「モチベーションをあげてほしい」というニーズは景気にかかわらず常に上位でした。しかしロジックのない動機付けは三日も持ちません。急激に上…
  • どのように研修を設計するのか

    ガニエの9教授事象 「ガニエの9教授事象」はインストラクショナルデザインでは最も有名なフレームです。KKD(経験・勘・度胸)でやっているプロ講師とは違い、人材開発を内製化するうえでは既に効果的な設計方法として発表…
  • 研修の基本設計

    社内講師はプロの講師とは違います。プロ講師は独自ノウハウに培ってきたパフォーマンスで一般的な構成を破って成功しているケースが多いですが、それを真似しては大怪我します。社内講師は慣れるまではロジックを重視していく必要があ…
  • いかに学習を記憶し定着させるか

    研修内容は忘れ去られるのか 「どうせ研修内容なんてすぐ忘れる」という意見があります。正確に言えば「忘れるコンテンツ」と「残るコンテンツ」に分かれます。その割合を増やすか、減らすかは受け手次第ではありますが、人材開…
  • やりっぱなしにせず研修を評価する

    研修を企画するにあたり一番避けなくてはいけないのが、なんとなく実施して、曖昧なまま「よかった:よくなかった」という印象評価をしてしまうことです。よかったのであれば何がどのように成果があったのかを確認しなくては再現性を持…
  • インストラクショナルデザイン

    「インストラクショナルデザイン」 とは 「インストラクショナルデザイン」とは『効果的な研修の設計方法』で、一般的に「ID」と言われています。研修会社のコンテンツ制作担当者や企業の人材育成部門でも学んでいる方は多…
  • 研修の転移

    研修は現場で使えないのか?そもそも使う気がないのか? 研修まわりのビジネスをしていると「研修と現場は違う」という意見を頻繁に耳にします。受講者からであればまだしも、研修に関わる部署の方や、当事者である講師までもが…

ピックアップ記事

  1. 12月は「職場のハラスメント撲滅月間」 

    厚生労働省では、12月を「職場のハラスメント撲滅月間」と定め、ハラスメントのない職場環境をつくりの…
  2. 営業部門 人材開発内製化の簡易フロー

    人材開発内製化フローの概要 【人材開発NET】がお手伝いする際のフロー概要をご紹介します。プ…
  3. 【人材開発NET】の提供価値

    【人材開発NET】 が提供する価値 【人材開発NET】は組織の成長の鍵である人材の能力開発に…

ページ上部へ戻る