研修の成功要因は現場上司

研修を活かすも殺すも上司次第

一般的に営業現場のリーダーは、メンバーが研修で現場を離れることを良く思っていません。
「このクソ忙しいときに研修かよ!」「俺が許す欠席しろ!」といった言葉が普通に出ています。

これは大きな問題です。
研修の成果を高めるか、研修を無駄にするかは現場リーダー次第なのです。

研修の成功要因

研修を成功させるためには、研修そのものよりも前後の目的理解、目標設定にかかる比重が大きいのです。

研修前研修研修後
メンバーに研修の目的と意義、期待することを事前に十分伝えておく。理論と実践で設計された内容でケーススタディをおこなう研修で学んだことを現場で試す機会をつくり実行さえて、リフレクションをする。
40%20%40%

つまり、どんなに素晴らしい研修であっても、事前に上司から研修目的を十分に伝えられていなければ成果は最大化しないのです。ましてや上記にあるように言葉をはいてしまえば、研修に参加するメンバーは意義を失います。また研修実施後に研修で学んだことを試す機会がないと、せっかくの研修が成果につながることはありません。

研修は現場上司の責任は大きいのです。

事前に研修内容をリーダーと共有する

あたり前のことですが、研修企画の担当者は、リーダーに対して研修内容を事前に十分確認しておき、参加メンバーと事前学習の機会を持つよう促しましょう。

WEBサイトだけでは講師選定できない…
この講師の内容や評判を聞きたい…
企画に最適の講師を複数ピックアップしてほしい…

関連記事

実施日まで余裕はありますか?
ご希望の講師を確保するためには早めの
ご準備をお勧めします。

2024年5月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
  1. 企業、労働組合は『ワーキングケアラー』といかに向き合うか

    「2025年問題」働き盛り世代を直面する課題 待ったなしの「2025年問題」 いよいよ…
ページ上部へ戻る
PAGE TOP