「働きがいのある会社」ランキング

変わる「働きがい」の意味と意義

2021年版日本における「働きがいのある会社」ランキングが発表されました。

「働きがいのある会社」というネーミングには古くて新しい印象があります。
「働きがい」は新しい言葉ではなく昭和からありましたが、当時と意味合いも変わってきているのでしょう。社員が価値を感じるポイントが大きく変わってきた印象です。

社員が当事者になる人材開発

今回、特に興味を持ったのは、新ビジネスマッチングサービス「Ready Crew」を運営するフロンティア株式会社です。同社は採用拡大と人材開発の強化を目指しているとのことで、社員の勉強会に力を入れているそうです。

<社員が当事者になることで、人材開発を促進する>
【社員による勉強会】
人を介する「生きた情報」に対する重要性は、人材開発でも同様で、営業にとって、有益な情報は同じ営業が持っていると考えています。そのため外部講師や一般教材を使用した勉強会だけでなく、社員が持ち回りでプレゼンテーターとなる勉強会を実施しております。

excite.ニュース

まさに【人材開発NET】が提唱している「社員個々のスキルやノウハウを可視化する人材開発の内製化」を実践されている企業だと感じました。

やはり、これから勝ち上がる企業は、人材開発を主軸に成長を目指す企業だと【人材開発NET】は考えます。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 12月は「職場のハラスメント撲滅月間」 

    厚生労働省では、12月を「職場のハラスメント撲滅月間」と定め、ハラスメントのない職場環境をつくりの…
  2. 営業部門 人材開発内製化の簡易フロー

    人材開発内製化フローの概要 【人材開発NET】がお手伝いする際のフロー概要をご紹介します。プ…
  3. 【人材開発NET】の提供価値

    【人材開発NET】 が提供する価値 【人材開発NET】は組織の成長の鍵である人材の能力開発に…

ページ上部へ戻る