人材不足は現有戦力の能力アップが優先

目前に迫る「2025年問題」のひとつに『人材不足』があげられます。短期視点ではコロナ禍の影響で人材のだぶつきという見方もありますが、中期的に見れば人材不足リスクは変わっていません。特にサービス業が深刻であると予測されています。

人材開発は人材不足を解決する

人材をひとり採用すれば給与、社会保険等を合わせると500~1000万は必要です。さらに採用、教育コストを考えるとさらに倍はかかるかもしれません。

現有戦力の能力アップ

人材不足は現有戦力の能力アップによる生産性アップを先行して取り組みましょう。仮に営業社員が30名いるとして、一名採用するコストである500万の人材開発投資をするとどうなるでしょう。1名の採用であればマンパワーは31人ですが、現有戦力の30人に効果的な人材開発をおこない平均10%能力が上がればマンパワーは33人です。

もちろん現在の営業に過度な負担をかけるという意図でなく、能力開発でいまと同じ時間で10%生産性があがり、さらに給与が増えるとしたら社員側の理想的なのではないでしょうか。

そんな単純ではないという意見も多いでしょうが、採用自体もあたりはずれがあります。1名採用して31マンパワーにしたつもりが30.5かもしれませんし、悪影響を与える場合には25マンパワーに減少することもあります。

人材開発に熱心な企業が人気

また、人材開発に熱心な企業には優秀な人材が応募する傾向もあります。逆に言えば成長意欲のない社員は応募してきません。つまり人材開発にコストをかけることで採用効率も上がるのです。

社員研修の内製化は人材不足時代に有効

先程、採用一名分の500万を人材開発に投資すれば…という事例をあげましたが、【人材開発NET】が提唱する「社員研修の内製化であれば、そこまでのコストを投入しなくても成果は期待できます。
社内の優秀な営業のノウハウの結集を全営業にインストールするのです。あらたなノウハウを導入するのではなく、御社の現場で効果が実証されている技術を全社に浸透させるプロジェクトなのです。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 12月は「職場のハラスメント撲滅月間」 

    厚生労働省では、12月を「職場のハラスメント撲滅月間」と定め、ハラスメントのない職場環境をつくりの…
  2. 営業部門 人材開発内製化の簡易フロー

    人材開発内製化フローの概要 【人材開発NET】がお手伝いする際のフロー概要をご紹介します。プ…
  3. 【人材開発NET】の提供価値

    【人材開発NET】 が提供する価値 【人材開発NET】は組織の成長の鍵である人材の能力開発に…

ページ上部へ戻る