【安全と職場環境】ヒューマンエラーはコミュニケーションで防ぐ 松岡利恵子 講師

感情から起こるヒューマンエラーをゼロにする 

コミュニケーションを大切にすることが職場環境向上につながる

労働災害やヒューマンエラーを防ぐシステムを万全にしていても、「たまに」「つい」の行動が落とし穴となることがあります。それは人の感情で起こることが多いです。安全は一人で守れるものではなく、チーム全体で守るという意識を高めコミュニケーションを大切にすることが職場環境向上につながります。
工事現場作業員などの研修も手掛ける講師が、明日からすぐに行える安全のためのコミュニケーションのポイントをお伝えします。

内容

◆ヒューマンエラーとコミュニケーションの関係性
~ヒューマンエラーの原因と分類~
◆コミュニケーションとは
~土台の考え方とコミュニケーションの種類~
◆言葉以外の力を活かす
~ボディランゲージで伝える体験ワーク~
◆伝わる話し方のための4原則
~4つのポイントと現場で気を付けたい言葉~
◆安全のためのマインド育成の発信
~現場全体の安全性を高めるために~

ねらい

■ヒューマンエラーの原因と分類を確認し、コミュニケーションによる防止策のイメージを高めます。
■コミュニケーションとは何かを理解し、現場における実践的なコミュニケーションを理解します。
また工事会社作業員の具体的な事例に基づき、作業員同士のコミュニケーションに加え、顧客や近隣住民とのコミュニケーションの成功事例、お叱り事例などを交えレクチャーします。

松岡利恵子 <まつおかりえこ>

CSマネジメントコンサルタント
国家資格キャリアコンサルタント
CSスペシャリスト検定認定講師

人の力を引き出す勇気づけのプロフェッショナルとして、受講すると元気になる講義が強み。顧客満足に軸をおいた現場力向上を大切に、「実践する力」を養う研修に定評がある。また、アドラー心理学をベースに人を育てるマインドを伝える。


詳細プロフィールはこちら

松岡利恵子さんへの講演依頼,御見積,日程調整等は下記よりお願いします。

お問い合わせはフォーム優先でお願いします。050-1489-9732受付時間 9:00-17:00 [ 土・日・祝日除く ]

お問い合わせ 24時間受け付けております。

WEBサイトだけでは講師選定できない…
この講師の内容や評判を聞きたい…
企画に最適の講師を複数ピックアップしてほしい…

関連記事

実施日まで余裕はありますか?
ご希望の講師を確保するためには早めの
ご準備をお勧めします。

2024年6月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
  1. 企業、労働組合は『ワーキングケアラー』といかに向き合うか

    「2025年問題」働き盛り世代を直面する課題 待ったなしの「2025年問題」 いよいよ…
ページ上部へ戻る
PAGE TOP