「働き方改革」の推進 宮原淳二 講師

~多様性を活かすこれからの職場とは~

宮原 淳二 <みやはらじゅんじ> 株式会社東レ経営研究所DE&I共創部 部長

専門領域

働き方改革コンサルティング、ダイバーシティ&インクルージョン支援、女性活躍支援、人権・LGBT支援、EQ(感情をコントロール)アセスメント、相互理解を深める、労働組合役員向け研修など幅広く実施。

経歴

㈱資生堂に 21 年間勤務し、多岐に亘る業務を経験。中でも人事労務全般に携わる期間が長く、人事制度企画から採用・研修まで幅広く担当。男女共同参画・WLB の分野では社内で中心的な役割を担い、社員の意識調査や先行他社事例などを研究し実践。

2005 年度、当時まだ珍しい男性の育児休業を取得。資生堂中部支社では女性部下 100名以上を持ち、管理職への登用や仕事と子育ての両立支援等、管理職としてのマネジメント経験が豊富。
2011 年 1 月、㈱東レ経営研究所に転職(現職)し、官公庁や企業、労働組合など幅広い業界で講演や人事コンサルティングを手掛ける。

主な審議会等の委員歴

・内閣官房・すべての女性が輝く社会づくり本部「暮らしの質向上」検討会座長
・内閣府『子供と家族・若者応援団表彰』選考会委員
・厚生労働省委託事業 『職業能力開発評価基準の導入支援マニュアル』改訂委員
・文科省中央教育審議会・専門委員
・東京商工会議所「多様な人材活躍委員会」識者
・中央職業能力開発協会「ビジネス・キャリア人材開発2級・3級検定試験委員」
・鳥取県 県政アドバイザリースタッフ(7年間担当)
・国立市・男女平等参画有識者
・長野県飯綱町『リゾートワーク施策』アドバイザー  等

主な執筆活動

・共同通信 経済ウイークリー“にっぽん診断”を3年継続連載
・情報技術協会『R&D 部門の働き方改革とその進め方』(共著)
・毎日新聞 2020 年 7 月 1 日朝刊『論点 新型コロナ 家族を考える』
・早稲田大学『新鐘』2018 年 4 月 No.84“労働×ジェンダー”浅倉教授との対談記事 等

主な資格

・2級キャリア・コンサルティング技能士(国家資格)
・2級ファイナンシャル・プランナー(国家資格)
・日本メンタルヘルス協会認定 心理カウンセラー

実績

官公庁

・内閣人事局『管理職対象・女性活躍とワークライフバランス』
・防衛省・自衛隊『高級幹部対象 女性活躍とワークライフバランス』
・財務省管理職候補向け『ワークライフバランス講演』
・警察庁 高級幹部対象『働き方言改革』講演

地方自治体

・石川県『ワークライフバランス実践・企業訪問講座』
・新潟県『働き方改革実践講座』県内3か所にて中小企業の経営者、
 人事責任者を対象に講演、パネルディスカッションを実施
・岐阜県『働き方改革とワークライフバランス』県内5か所にて中小企業の経営者、人
 事責任者を対象に講演、パネルディスカッションを実施
・広島県『経営者向け働き方改革講演会』県内2か所にて中小企業の経営者、
 人事責任者を対象に講演、パネルディスカッションを実施。
・鳥取県『働き方改革講演会』職員、市民対象に実施。
・金沢市『女性活躍加速化プロジェクト』を4年間にわたり支援
・鳥取県『介護で慌てないための組織づくり』支援。『有給休暇取得向上支援』等
・鹿児島県『女性活躍推進講演』
・熊本県『ダイバーシティ推進』
・福岡市『女性活躍推進講演』 など多数

民間企業

金融、製造業、ホテル業、建設業など数多くの業種・業界で、働き方改革やワークライ
フバランス、ダイバーシティといったテーマで企業コンサルティングを実施。

お問い合わせはフォーム優先でお願いします。050-1489-9732受付時間 9:00-17:00 [ 土・日・祝日除く ]

お問い合わせ 24時間受け付けております。

WEBサイトだけでは講師選定できない…
この講師の内容や評判を聞きたい…
企画に最適の講師を複数ピックアップしてほしい…

関連記事

実施日まで余裕はありますか?
ご希望の講師を確保するためには早めの
ご準備をお勧めします。

2024年4月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  
  1. 企業、労働組合は『ワーキングケアラー』といかに向き合うか

    「2025年問題」働き盛り世代を直面する課題 待ったなしの「2025年問題」 いよいよ…
ページ上部へ戻る
PAGE TOP