労働組合・従業員組合・UNION向けセミナー企画リーフレット

組合員に「受講してよかった」組合役員に「成長できた」と言わせたい

なかなか集まることができない非専従役員にとってセミナー企画は、意思決定を図るうえで面倒な作業になっています。

当方にて労働組合で鳥くべき課題から評判の良い講師をまとめたリーフレットを作りましたので、ご希望の執行部様に必要冊数ご案内させていただきます。企画担当者の皆様で同じ資料を持って検討されるのは効率的かと考えます。
ご要望に応じて冊数をお送りさせて頂きますので、お気軽に教えてください。よろしくお願いします。

若年層の組合離れ

近年、若年層の組合離れが顕著になっています。
もちろん大企業はユニオンショップですので実際に離脱するケースはまだ多くはありませんが、意識の上での組合離れは、これからさらに進むののではないでしょうか。

そのような状況下において執行部は労働組合の存在意義を発揮しなくてはいけません。その方法の上位にあるのが労働組合の教育事業であり研修、セミナー企画です。

労働組合が興味深い研修・セミナー企画をしてくれることを組合員は切に願っています。
当方に寄せられる相談も「休日の土曜日に若手を集客してつまらない研修・セミナーでは執行部は信頼を失う」「帰りに『受講してよかった』と言ってもらえることを願っている」という不安をよく耳にします。

当方では、多くの労働組合から評価されている講師と、労働組合では実績はないが他のマーケットで高い評価を得ている講師の両輪でご紹介しております。

研修テーマは多岐にわたる

研修・セミナーのテーマは、執行部の皆様は労働組合の専門スキルを学ぶこともありますが、多くはワークライフバランスのための「時間管理」「ビジネスハック」「職場のコミュニケーション」から、「介護」や「マネープラン」まで多岐にわたっています。
これからの時代は労働組合が「副業」のスキルアップもテーマになるかもしれません。

職場委員は忙しい

教育事業担当になった組合役員は両立に苦労します。
時短を進めている組合執行部が夜遅くまで仕事をしている状態もすくなくないようです。
そんな時に研修講師の選定に時間をさけません。それも複数で検討するとなると、その合意形成だけで嫌になってしまうでしょう。

当方では教育事業のご担当者に人数分の研修講師リーフレットをご案内しております。
同じ資料を手元に置くほうが議論がスムーズだからです。担当者それぞれが動くとバラバラの資料で収集がつかなくなります。

簡単な資料ではありますが、読み込まなくても俯瞰できるようなものになっています。
是非、研修・セミナーの企画のおともにしていただければ幸いです。

ニーズに合わせてのピックアップも致します。

もちろん、具体的にテーマが決まっている企画もあるでしょう。そのときはリーフレットではなく、ご要望に合った講師をリストアップしてご提案いたしますので、お気軽にお申し付けください。

お問い合わせはフォーム優先でお願いします。050-1489-9732受付時間 9:00-17:00 [ 土・日・祝日除く ]

お問い合わせ 24時間受け付けております。

WEBサイトだけでは講師選定できない…
この講師の内容や評判を聞きたい…
企画に最適の講師を複数ピックアップしてほしい…

関連記事

実施日まで余裕はありますか?
ご希望の講師を確保するためには早めの
ご準備をお勧めします。

2024年4月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  
  1. 企業、労働組合は『ワーキングケアラー』といかに向き合うか

    「2025年問題」働き盛り世代を直面する課題 待ったなしの「2025年問題」 いよいよ…
ページ上部へ戻る
PAGE TOP